P-VoT (ピーボット)

音声認識 文字起こしサービス
Professional Voice Transcription
放送システムで培った技術とノウハウをもとに、進化する放送の世界をトータルソリューション

パナソニックでは、長年にわたり培ってきたAV技術とシステムソリューション力を もとに、放送用カメラやレコーダーなどプロフェッショナルユースにおこたえする プロダクトを提供。さらに、番組制作の現場をサポートする高効率でスピーディーな オペレーションシステムなどをさまざまに構築しています。番組制作の核となるシステムでは、 本格化しようとしている4Kによる番組制作を想定した機能やシステムの拡張性を備えた ライブスイッチャ―をリリースするなど、進化を続ける放送の世界の制作から経営までを トータルソリューションで支援しています。


P-VoT(ピーボット) 文字起こしサービスとは


本サービスは、パナソニックがこれまで放送業界で培ってきたシステム技術、映像/音声処理技術を活用し、 報道現場をはじめとした放送コンテンツ制作における、放送原稿制作業務の効率化・サポートするサービスです。 これまで、β(ベータ)サービスとして提供しておりましたが、2019年11月13日に正式商用サービスとして提供を開始することになりました。

特徴



  • ・ AIを用いた音声認識による文字起こし
  • ・ 放送向け辞書
多層のニューラルネットワーク (Deep Neural network: DNN)技術(AI技術)を 用いた高精度音声認識により、幅広いジャンルの文字起こしに対応します。
  • ・グループ管理により複数人での修正・編集
現場担当者がリクエスト(アップロード)、事務所での修正・編集担当者が認識結果を 確認・編集できます。
  • ・ウェブブラウザで利用可能
インターネットに接続したウェブブラウザでのリクエスト(アップロード)から、 テキストの修正作業まで 行うことができます。特別な機器・設備を必要とせず サービス導入が可能です。
  • ・直感的な修正インターフェース
編集画面では文字をクリックし選択すると、認識した音声位置から頭出しし プレビュー再生を開始します。 再生中はプレビュー動画/音声に追従して 音声認識結果に マーキングします。

ご契約について


放送局、CATV局、制作プロダクションなど放送業界で法人もしくは組織単位で サービスのご利用申込み(契約)を頂く形となります。
ご契約組織の組織管理用の「組織オーナー」アカウントを発行いたしますので、 組織内でご利用になるユーザを作成・管理することが可能です。


ご利用について


ご使用いただいているウェブブラウザ(※)で、データのアップロードや、 プレビューしながらの修正・編集作業が可能です。
※Google Chrome, Mozilla Firefox, Microsoft Edge などのモダンブラウザに対応しております。


ライセンス表記

・Google Chrome は、Google Inc. の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
・Firefox は、Mozilla Foundation の米国およびその他の国における登録商標です。
・Microsoft Edge、Internet Explorer は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
・P-VoT(ピーボット)は、パナソニック株式会社の商標として出願中です。